利便性に優れたシステム

工夫することで得られるメリット

訪問介護を行う事業者には、サービスを利用する利用者の一人一人の基本情報の管理を始め、介護計画書や提供表の作成、請求業務など多くの事務作業が必要になります。 訪問介護事業所向けの介護ソフトを導入することで、これらの頻雑な事務作業を効率良く行うことができ、データ管理や請求業務なども楽に行えるようになります。 ASP型の介護ソフトを導入するとインストールをする必要もないので、初期費用を抑えられますし、介護保険が改正された場合でも業者側で改正に対応するように変更してくれます。 また、業者によっては介護ソフトの無料体験ができるサービスを行っているところもあるため、導入前に必要な機能が備わっているか確かめることも可能です。

現在の取り組みやトレンド

訪問介護は、介護ヘルパーが利用者の自宅に訪問してサービスを提供するものですが、訪問介護事業所では、利用者のサービスの提供実績の記録と管理の他、介護ヘルパーの勤務実績なども記録する必要があります。 最近の介護ソフトはパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末でも利用が可能なため、介護ヘルパーが携帯端末を持参し使用することで、訪問した利用者宅でリアルタイムで記録が残せるようになります。 質の良い介護サービスを提供するには、事業所で働くスタッフ間での情報共有が不可欠ですが、介護ソフトを導入することで、それぞれの端末でいつでも情報を閲覧することができるため、作業の効率化以上のメリットがあります。

Copyright ©2015 介護ソフトを導入する~利用者情報キャッチナビ~ All Rights Reserved.